顧問契約

「もう少し早く相談していればこんな面倒なことにはならなかった」
「自社のことや業界をもっと理解していて、気軽に相談できる弁護士が欲しい」
「顧問弁護士って規模が大きい会社でなければ必要ないんでしょ」
「顧問弁護士がなんの役にたつのかわからない」
「顧問弁護士が必要だけど、費用も高そうだし、サービス内容もわからない」
「弊社は紛争も無く、健全な会社だから顧問弁護士は必要ない」

株式会社、医療法人、NPO法人、公益法人、一般法人、個人事業など、事業を行う主体として様々な形態がありますが、弁護士が継続的に法律上のサービスを行う顧問弁護士契約につきましては、まだまだサービス内容やメリット、費用に関しても不透明な部分が多く、利用したくてもどのようにしたらいいのかわからないといった方やコストが上がるから利用できないと考えられている方は多いのではないかと思います。

顧問弁護士サービスの活用

訴訟に巻き込まれることはない、顧問弁護士サービスを利用するような機会は少ないというご意見を頂戴する機会ございますが、顧問弁護士サービスは、紛争以外の場でも十分に活用することが可能です。

例えば、契約を締結する場合、

  • 新しい契約書の作成のアドバイス
  • 契約内容に違法性がないかどうかのレビュー
  • 契約締結に際しての交渉や調整(不当ではないかの査定等)  等

法律上の専門知識を持つ弁護士によるアドバイスが有益な場面が多くあります。

当事務所では、顧問弁護士サービスに関するご相談を初回無料でお受けしております。顧問弁護士サービスに興味はあるが、内容を知りたいという方は、お気軽にご連絡下さい。