不動産問題

不動産に関するトラブルは数多く存在します。 >売買の関係では、家を建てようと土地を買ったら地中から産業廃棄物が出てきたとか、住宅を購入したら欠陥建築だったというようなケースがあります。

賃貸借の関係では、貸主の側としては、借主が賃料を払ってくれないとか、相場に合わせて賃料を値上げしたいのだが借主がうんと言ってくれないといった悩みがあるでしょうし、借主の側としては、貸主から期間満了で出て行くよう求められているが従う必要があるのか、貸主から家賃を値上げするとの通知文が届いたが値上げ後の賃料を支払わなければならないのか、原状回復費用として予想をはるかに超える金額を請求されているがどうしたらよいかといった疑問があるでしょう。

それ以外にも、越境建築や境界確定、土地の時効取得が問題となる紛争も少なからずあります。多種多様な不動産トラブルについてここで網羅的に解説することはできませんが、不動産トラブルでお困りのことがあれば、是非お気軽に弊所にご相談ください。 不動産法務のプロフェッショナルとしてアドバイスいたします。