交通事故トラブルにおける6つの特徴

フロンティア法律事務所では、交通事故被害者救済のために最善を尽くします。

  • 被害者の気持ちに寄り添って、サポートいたします
  • 高い専門性、等級認定
  • 事故発生直後からサポート
  • 交通事故案件の豊富な解決事例
  • 障害者への取り組み
  • 相談料・着手金無料

1. 被害者の気持ちに寄り添って、サポートいたします

当事務所の代表弁護士である黒嵜は、大学3年の時のバイク事故で脊椎損傷を負い、それ以来、車椅子での生活をしています。

交通事故の被害者の気持ちに寄り添うこと、そして、被害の回復のお手伝いをすること、それが原点です。

交通事故の被害回復の経済的部分(損害賠償)ももちろん大事ですが、被害者の健康面、生活面など、様々なお悩みにお応えすることを大切にしています。

2. 高い専門性、等級認定

弁護士を選ぶ際に、費用も気になるところですが、当然、その弁護士が本当にその分野に強いのか?どうせなら、専門性の高い弁護士に頼みたい、とお思いのことと思います。

当事務所は、年間30件以上の交通事故事件を取り扱っており、また、常に最新の法律、判例、医療知識をアップデートすることに務めております。

また、交通事故の損害賠償では、後遺障害の等級認定によって大きく額が変わります。

「症状固定がなされ、等級認定されてから金額を当てはめて交渉する」のではなく、後遺症の認定のために医療機関に同行するなど、適正な後遺症認定がされるよう依頼者の方をサポートします。

3. 事故発生直後からサポート

多くの弁護士は、「交通事故に関する弁護士の仕事は、損害賠償に関する部分だけ」と考えている節があります。

従って、事故直後に相談しても、「後遺障害の認定がされて、保険会社から示談の提示があったら、また、相談して下さい」と言われてしまうことがあります。

しかし、交通事故に遭うと、事故直後から、どのように対応したら良いのか、どこで治療したら良いのか、治療中に保険会社から治療費を打ち切られた等、困ることが沢山出てきます。

当事務所では、事故直後からのご相談、証拠の確保、医療機関への同行、治療費打ち切りへの対処等、交通事故直後の悩みからサポートしています。

4. 交通事故案件の豊富な解決事例

当事務所は、交通事故の相談を多数取り扱ってきました。 むち打ち症のような比較的軽度の後遺障害の方の事案から、重い後遺障害の事案まで、幅広い経験を有しています。

解決に際しては、被害者の方のお気持ちを尊重しながら、適正な損害賠償を受けられるように、最善を尽くしてきました。

解決事例はこちら

5.障害者問題への取り組み

当事務所は、障害者問題にも、特に力を入れております。

交通事故で重度の後遺障害をおってしまった場合、損害賠償をしてもらって、それで全て解決、という訳ではありません。 むしろ、ご本人様もご家族も、その後の生活でのご苦労も多いのです。

当事務所は、多くの弁護士が「損害賠償の部分だけをやって、はい、おしまい。」ということに常々、疑問を感じてきました。 当事務所は、障害者問題にも力を入れており、その後の生活の中でのお困りごとも含めて、トータルでサポートさせて頂くことを旨としております。

今後も、被害者の立場から、親身に相談に乗り、交通事故の被害の正当な回復をはかっていきます。お困りのことがございましたら、お気軽にご相談ください。

6. 相談料・着手金無料、分かりやすい報酬体系

以前は、「弁護士に相談したいけど、費用が高いのでは?」と心配されて、相談を躊躇される方も多かったようです。

最近は、弁護士もこの問題に気がつき、相談しやすい事務所が増えています。

当事務所も、1人でも多くの方のご相談いただき、お役に立てるように、初回の相談料、着手金は無料としております。 また、ご依頼いただく場合の費用も、明確かつ、お支払いいただきやすい費用体系にしておりますので、安心して、ご依頼いただけます。

弁護士費用についてはこちら